食品で葉酸を積極的に取ろう!妊娠初期にはサプリメントがおすすめ

葉酸の欠乏と妊娠の深刻な関係

妊婦で噂になる葉酸の重要性

グラノーラ妊娠したときに必ずと言っていいほど耳にする言葉が葉酸になります。
葉酸は赤ちゃんの育成に非常に重要な役割を担っている栄養素となります。
したがってまずはその働きをしっかりと把握しておくことが必要になります。
この栄養素が欠乏することで、胎児にさまざまな悪影響が出ることが分かっています。

母子手帳でも強調される葉酸の効能

母子手帳にもその重要性が記載されていますが、葉酸が不足することで無脳症や神経管閉鎖障害の発症リスクが高くなります。
しかしここでは妊娠初期に摂取すると言うことが強調されるあまり、この時期を過ぎると忘れてしまっているという人も少なくありません。
妊娠初期だけではなく出産までの間に欠乏してしまうと、母体だけではなく胎児にも影響が出ます。

なぜ赤ちゃんに影響が出てくるのか?

葉酸はビタミンB群の一種となっていますが、栄養素の中では補酵素の役割をしています。
体の中でさまざまな栄養素の働きを補助する役割を担っています。
しかしこれが不足することで胎児の成長に何らかのトラブルが発生したり、悪性貧血によって母体と胎児の両方に悪影響を及ぼす可能性が高くなります。
胎児が大きくなるためにはお腹の中で細胞分裂を繰り返す必要があります。
この際に必要な栄養素が葉酸となっています。

お腹の中に赤ちゃんがいる間は継続してとり続けましょう

細胞の中にある核酸の成分の一つとしてDNAがあります。
このDNAが作られるときに栄養素が必要で、不足していると無能症や神経管閉鎖障害が発症する可能性が高くなります。
しかしこの細胞分裂は妊娠初期だけ行われていると言うことではありません。
お腹の中にいる間ずっと細胞分裂を繰り返して成長しています。
したがって安定期に入ったからといって摂取するのを気にしなくなると、胎児も困ってしまうと言うことになります。
妊娠初期にはとくにたくさんの葉酸が必要となるのでサプリメントなどで足りない分を補い、その後は規則正しい食生活をすることで必要量が摂取するようにしましょう。

参考:葉酸ならヨウポタ | 葉酸サプリメント総合ポータルサイト

新しいトピックはこちら

  • moriawase300

    葉酸とは何か? なぜ妊娠を希望する女性や妊娠初期に葉酸の摂取が推奨されているのかというと、そこには大きな理由があります。 葉酸は水溶性ビタミンであるビタミンB郡の一種となっています。 最近ではさまざまな研究が行われるよう …

    葉酸の効能とリスク軽減効果について学ぼう

  • melon300

    葉酸は重要だけど、肝心なときに取りにくい 胎児の発育に欠かせない成分が葉酸になります。 特に妊娠初期に多く摂取することが推奨されています。 この成分は緑黄色野菜に多く含まれていて、炒め物やサラダなどに調理して食べることが …

    つわりが酷いときでも取れるおすすめ葉酸レシピ

  • joghurt300

    葉酸の働きとカバーできるリスク 葉酸はビタミンB群の一種で、名前の通り葉野菜に多く含まれています。 普段はあまり聞き慣れないとされる栄養素ですが、妊婦やこれから妊娠を考えている人にはなくてはならないものなのです。 その理 …

    葉酸レシピ:ほうれん草とレバーのサラダ